平成のモノづくり企業として

1.グローバル市場を見据えて

合弁会社「トーハツマリーン」設立

初代会長 松本功
初代会長 松本功

1988(昭和63)年2月、当社は米・ブランズウィック社との合弁会社「トーハツマリーン」を設立した。初代社長には、松本功が就任した。

船外機は米国が最大の市場であり、当社はそれまで日商岩井、伊藤忠を通じて米国各地に販売店網を構築していた。ブランズウィック社は船外機の大手・マーキュリーマリーンの親会社で、船外機について技術・生産力を高めていた日本企業からの製品調達を求めていた。

米国でも船外機メーカーの競争が激しく、その争いを生き抜いたマーキュリーマリーンが当社へ高い関心を寄せた。

当初、同社は当社への資本参加を望んできたが、最終的には伊藤忠、三井不動産を加えて合弁会社設立に結論がまとまり、新会社「トーハツマリーン」は長野県岡谷市の当社岡谷工場に置かれた。

この旧岡谷工場は1943(昭和18)年、戦時中にエンジン工場として稼動したため、設備が老朽化していた。新会社発足と同時に工場新築に着手、1988(昭和63)年11月に第1期工事が竣工し、小型船外機から120馬力以上の製品を対象にした本格的な組み立てラインを導入した。

日産自動車へ船外機をOEM供給

当社の船外機に着目したのはブランズウィック社にとどまらず、日産自動車も国内を含むワールドワイドに販売網を展開したいとして、当社に提携を申し入れてきた。

日米の有力企業を通じた販路の拡大により、当社のマリン関連事業は特に海外で確固たる地位を築いていったのである。

MERCURY Outboards NISSAN MARINE

生産・販売手法の改革

製造関係では、「ニュー・トーハツ生産方式」として導入。資材のコストダウンには日本能率協会の手法を導入し、営業では訪問管理の効率化を図るため、同協会の「SPECS」の導入を決めるなど、新しい経営手法を積極的に取り入れた。

この当時、日本はバブル景気の最中にあったが、本業の深耕、とりわけ海外市場を意識した経営体制の整備を進めていった。

前の記事