トーハツの歩み Since1922

トーハツの歩み Since1922 アコーディオン

創業期 1922-1944

エンジンの生産を夢見て“ベンチャー企業”としてスタート
  • 高田益三の志

  • 時代とともに軍需工業へ

  • 「東京発動機株式会社」に改称

詳細を見る

成長期 1945-1959

戦後の日本を支えた優良企業
  • 戦後いち早く
    民生用エンジン部門を強化

  • 発展の基礎を固めた
    可搬消防ポンプとモーターバイク

  • 業界トップ企業へ

  • モータリゼーションでの戦い

詳細を見る

雌伏期 1960-1968

会社更生法 適用へ
  • 2輪車の競争激化で無配へ転落
    富士電機製造傘下に入る

  • 発展の基礎を固めた
    可搬消防ポンプとモーターバイク

  • 会社更生法適用へ

  • 激化する労働組合活動

詳細を見る

発展期 1969-1984

再び技術の企業として進む
  • 再建へ向けて

  • 先見性を持った技術開発

  • 軌道に乗る生産・販売

  • マーケティング思考の成果

詳細を見る

飛躍期 1985-

平成のモノづくり企業として
  • グローバル市場を見据えて

  • 独自製品開発に成果

  • 地球環境保全への改革

  • 社内体制の整備

詳細を見る
エディタV2

ページトップへ