ページタイトル

トーハツの開発力

コンテンツ

Portable Fire Pumps トーハツの歴史は、小型消防ポンプの歴史

国内トップシェアの信頼

1)消防車が出入り出来ない火災現場に、人々の生命や財産を守るのが持ち運びのできる「可搬消防ポンプ」です。
1949年に日本初の可搬消防ポンプを開発・販売。
国内シェア50%を超えるトップメーカーとして製品を送り出しています。

2)全国の消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るため、全国消防操法大会が開催されており当社の消防ポンプを使用した団体が毎回上位に名を連ねています。出場消防団の使用するポンプのうち約80%が当社の消防ポンプで、防災力のさらなる向上に大きく貢献しています。

3)4ストローク消防ポンプ「VF63/53/21シリーズ」は動力消防ポンプとして国内初認証を取得しました。

世界が驚愕するコンパクトで高性能な消防ポンプ

可搬消防ポンプは海外にもありますが、エンジンとポンプを自社開発する専門メーカーは日本だけ。これだけコンパクトで高性能な消防ポンプは、他国では類をみません。 海外の防災展などではこのサイズと性能が驚嘆と賞賛を持って受け止められ、メイド・イン・ジャパンへの信頼と相まって着実に海外での販売を拡大しつつあります。

消防防災推奨品

消防防災製品等の推奨の対象となるのは、消防防災分野において有効に活用できることが見込まれ、新たに考案、若しくは改良開発されたものであり、当該分野においての利便性、効率性又は安全性の向上に寄与するものであること等の一定の要件が満たされている製品です。
4ストローク消防ポンプ「VF63/53/21シリーズ」は゛排気ガスのクリーン化、使用時の騒音及び燃費の低減を図った"として推奨されました。

【参】BSI:サイドナビ

ページトップへ