ページタイトル

トラブルシュート

コンテンツ

消防ポンプにおけるトラブルシューティングの一例です。トラブル解決にお役立てください。

(※)印は、OKモニタでチェックできます。

始動不能の場合

エンジン関係

電気系統

  • バッテリー電圧不足・液面不足(※)
  • バッテリ端子の締付不足
  • ヒューズの切れ
  • コード類の結線ゆるみ
  • スパークプラグキャップの外れ
  • スパークプラグの締付不良
  • スパークプラグの焼損、汚損、ブリッジ

燃料系統

  • 燃料タンク内の燃料不足(※)
  • 燃料コック(ストレーナ付)閉
  • 変質した古い燃料の使用
  • パイピングや燃料ストレーナの異物のつまり
  • スロットダイヤルが「始動・吸水」位置でない

その他

  • オーバーヒートセンサ作動
    (空冷式エンジンは除く)
  • エンジン圧縮不足

(※)印は、OKモニタでチェックできます。

吸水不能の場合

真空を形成しない

吸水系の不良

  • 吸管入口が水面上にある
  • 吸管系の締付不良
  • 吸管系のパッキン不良
  • 吸管系の亀裂・穴あき
  • 真空計用ゴムホースの亀裂

コック類の閉め忘れ

  • ポンプ排水コックが開いている(※)

パイプ統合部のゆるみ

  • 水ポンプ側真空パイプ
  • 真空ポンプ達成計

真空ポンプ不調

  • ※オイル不足
    (オイルレス真空ポンプの場合は不要)
  • Vベルト破損
  • 吸水レバーが作動しない
  • 真空ポンプの固着
  • ベーン破損

逆止弁・止水弁・自動弁不調

  • ゴミのつまり

メカニカルシール

  • メカニカルシール本体のゴム部劣化
  • 異常摩耗

真空は形成する

  • 吸込落差が高すぎる(9m以内)
  • 吸管ストレーナ部に塵芥、泥、ビニール等のつまり

真空形成と落水繰返し

  • 吸管入口が水面付近にある
  • 吸管が山なりになっている
  • 結合部の緩み、ゴムパッキンの劣化

吐出不足の場合

吸管

  • 吸込落差が高すぎる
  • 吸管の長さが長すぎる
  • ストレーナ部に塵芥、泥、ビニール等の付着
  • 管路内に塵芥、泥、ビニール等の付着
  • 統合部締付不十分
  • パッキンの劣化

ポンプ

  • 放水バルブハンドル半開
  • インベラの塵芥、泥等のつまり
  • 案内羽根の塵芥、泥等のつまり
  • インベラ、案内羽根の変形、摩耗

吐出

  • ノズル径不適合
  • 噴霧ノズル開口不足
  • 噴霧ノズルのつまり

エンジン

  • スロットルダイヤルの開度不足
  • 変質した古い燃料の使用(定期的に交換)
  • 燃料タンク内の燃料不足
  • 燃料コック(ストレーナ付)開度不足
  • 燃料系統のつまり
  • キャブレタ内の異物つまり
  • スパークプラグの焼損、汚損
  • 潤滑系(潤滑経路の不具合)
【参】BSI:サイドナビ

ページトップへ