ページタイトル

マリン事業

コンテンツ

船外機のパイオニア

1956年10月、日本初の量産機として歴史を刻み始めた“トーハツ船外機”。船外機のパイオニアとして日本の漁業や水上運送の発展に大きく貢献。その高い機動性と信頼性が認められ、警察や消防に採用され水上パトロールや防災救助活動といった毎日の生活を支える力の助けとしても活躍しています。

地球レベルでの環境問題

「地球環境」への意識の高まりとともに聞かれ始めた船外機に対する「クリーン&エコノミー」をより強く求める声が、トーハツ船外機にTLDI(2ストローク直噴)船外機と4ストローク船外機という2つの革新をもたらしました。
TLDI船外機は、パワフルでありながら軽量コンパクトという2ストロークエンジンの長所を活かして進化を続けてきた船外機。その基本性能にTLDIと呼ばれる直噴技術を新たに与えることによって、排気がクリーンで低燃費の次世代型船外機へと進化させました。
一方、4ストローク船外機は「クリーン&エコノミー」で定評のあるエンジン。トーハツがこれまで培ってきたノウハウを惜しげもなく注ぎ込みコンパクトで扱いやすい世界基準の船外機を誕生させました。

EPA(米国環境保護庁)・(一社)日本マリン事業協会自主規制の定める2011年排気ガス規制をクリア。光化学スモッグの発生源となる炭化水素(HC)値を大幅に削減しています。

*EPA(米国環境保護庁)排出ガス規制
*(一社)日本マリン事業協会の2011年排気ガス自主規制

進化してきた伝統の技術

1993年に発表されたトーハツフィッシングボートTFシリーズ。 現在では、25~21フィートまでに広がって「フィッシングボート王道」TFシリーズのほかに、レジャー用からプロ使用まで幅広いニーズに応える「和船」TFWシリーズ(25~17フィート)を柱に展開を広げて、多くのユーザーに愛されています。

お客様から求められている機能や空間、時間。トーハツがそこに提供するのは、「満足」というかたちの製品です。

FRP船リサイクルシステム自主取組み

社団法人 (一社)日本マリン事業協会が2005年11月より開始した「FRP船リサイクルシステム」に参加しております。

  1. リサイクルのしくみ
    *FRP船リサイクルシステムは(一社)日本マリン事業協会の中にFRP船リサイクルセンタ-が設けられ実施主体となり委託先の指定引取り場所に収集された廃 FRP船を粗解体した後、FRP破材として中間処理場に運搬し、破砕、選別を行い、最終的にセメント焼成することによりリサイクル(マテリル・サ-マルリサイクル)を行うものであります。
  2. リサイクル対象地域
    *2005年11月運用開始時は対象地域、西瀬戸内、北部九州地区(岡山、広島、山口、香川、愛媛、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本の10県)に限定してリサイクルを実施

ページトップへ