ページタイトル

マリンニュース

新着情報【国内マリン】

【日・マ】重要

2013.03.07

FRP船リサイクルシステム自主取組について

ト-ハツ㈱は、一般社団法人日本マリン事業協会が2005年11月より開始した「FRP船リサイクルシステム」に参加しております。

このシステムは一般社団法人日本マリン事業協会が当社を含むFRP船の主要製造メ-カ- 7社(川崎重工業・スズキ・トーハツ・トヨタ自動車・日産マリーン・ヤマハ発動機・ヤンマー舶用システム)を中心として構築を進めてきたものであり、本システムの稼動により適正な廃FRP船の処理スキ-ムが確立されました。

1. リサイクルのしくみ
 
FRP船リサイクルシステムは日本舟艇工業会の中にFRP船リサイクルセンタ-が設けられ実施主体となり
  委託先の指定引取り場所に収集された廃FRP船を粗解体した後、FRP破材として中間処理場に運搬し、
  破砕、選別を行い、最終的にセメント焼成することによりリサイクル(マテリル・サーマルリサイクル)
  を行うものであります。

2. リサイクル料金
  本システムの参加事業者が製造したFRP船については、各事業者がリサイクル料金を設定し発表して
  おります、トーハツ㈱が製造販売したFRP船については船種・船長により設定いたしましたので別表を
  ご参照ねがいます。本システムに参加していない事業者によるFRP船については日本舟艇工業会設定の
  料金が適用されます。

3. リサイクルの対象地域
  2005年11月運用開始時は対象地域、西瀬戸内、北部九州地区(岡山、広島、山口、香川、愛媛、福岡、大分、
  佐賀、長崎、熊本の10県)に限定してリサイクルを実施。

  リサイクルシステム詳細につきましては一般社団法人日本マリン事業協会 「http://www.marine-jbia.or.jp/recycle/」 
  のページをご覧いただくか、一般社団法人日本マリン事業協会、FRP船リサイクルセンタ-「03-5542-1202」へ
  お問合わせください。

トーハツFRP船リサイク料金表
             

船 種 全 長 リサイクル料金 トーハツボート艇種区分
オープンボート・和船 ~4m未満 21,000 TO11
4m以上~6m未満 35,000 TRF175A/TRF175B TF18/TF18 Ⅱ
TC20 TF20/TF20Ⅱ/TF20EXⅡ
TH20EX TU20
Sniper205
TO205 TF205/TF205HT
TF205Ⅱ TF205Ⅲ/TF205ⅢHT
TF210/TF210HT TF21/TF21HT
マーベラス21  マーベラス21α
マーベラス21T
TF215HT/TF215ⅡHT TF21ST
TF22Ⅱ TF220
TF225/TF225HT TF225ⅡHT
TFW-17R  
TFW19A/TFW19B TFW19A2/TFW19B2
TFW21A/TFW21B TFW21A2/TFW21B2
6m以上~7m未満 55,000 TF23/HT TF235HC/HT
TF235SC/ST TF235Ⅱ SC/ST
TF235Ⅲ SC/ST TF235Ⅳ SC/ST
TFW23A TFW-23R
7m以上~8m未満 73,000 TF25/HT TF250SC/ST
TFW25A TFW-25R
キャビンボート  ~6m未満 42,000 TC20 TH20Ⅱ
TH20EXⅡ
6m以上~7m未満 64,000 TSC225STD TSC225DX
TSC23 TSC23EX
TSC23EX Ⅱ/Ⅲ
7m以上~8m未満 85,000 TSC250EX TSC250EXW

備考)
  1. 全長とは登録長 ÷ 0.9 を示します。
  2. 指定引取り場所までの運搬を依頼する場合や、オプション作業を依頼される場合は別途費用が掛かります。
  3. 本リサイク料金は消費税込みの価格です。
  4. リサイクル料金はシステム運営上、予告無く変更されることがあります。

        
【参】MRN:サイドナビ
新着情報お知らせカテゴリーリンク【国内マリン】

ページトップへ