ページタイトル

新着情報

新着情報【国内企業】

【日・コ】お知らせ

2018.09.25

プレジャーボートのOEM供給契約締結について

トーハツ株式会社とヤンマー舶用システム株式会社(代表取締役社長:吉村 仁、以下ヤンマー舶用システム)は、このたびプレジャーボートのOEM供給に関する初めての契約を締結しました。

具体的には、トーハツの商品企画に基づき、ヤンマー造船株式会社(代表取締役社長:市川 泰弘、以下ヤンマー造船)にて、全長23フィート(フィンキールV型船型)のキャビン付ウォークアラウンドのプレジャーボートの開発、製造を行い、ヤンマー舶用システムからトーハツへOEM供給を行います。

今回開発するプレジャーボート X23(仮称)は、20193月開催ジャパンインターナショナルボートショー(一般社団法人日本マリン事業協会主催、会場:パシフィコ横浜、会期:201937日〜10日)のトーハツブースでメイン展示致します。発売は20194月の予定です。

トーハツは、このたびのOEM契約締結により、プレジャーボートのラインナップを拡充し、今後も国内におけるマリンレジャーの普及振興に尽力してまいります。



プレスリリース資料のダウンロード

 
 トーハツとヤンマー舶用システム両社がプレジャーボートのOEM供給に関する契約を締結


ページトップへ